データ復旧の専門企業 株式会社データリカバリー 公式サイト

24時間電話対応

Tel.050-1745-9559

窓口受付時間

月~金 / 午前9時~午後7時
土・日・祝日 / 午前9時~午後5時

窓口受付はこちら お問い合わせ

SERVICESサービス案内

SERVICES

サービス案内

データ復旧サービス

データ復旧とは故障した記憶媒体から大切なデータを取り出すサービスです。
パソコン・サーバー・NAS・外付けハードディスク・ネットワークディスクから、デジカメカード・USBメモリなどのメディアも対応しております。
故障した媒体そのものを修理するサービスではございません。

完全成功報酬
データの復旧に成功した場合に費用を頂く完全成功報酬です。復旧できない場合は復旧料金は頂きません。
重度物理障害に対応
ハードウェアに物理的な損傷がある場合でも自社のクリーンブースで作業を行います。
法人向けオンサイト対応
社内規定により対象のメディアを社外に持ち出せない法人様には、オンサイトでのデータ復旧も対応しております。

データ消去サービス

データ消去とは廃棄するハードディスク内のデータを復元できない状態まで消去、抹消するサービスです。
情報漏洩を防ぐためにもデータの消去が必要な時代です。
重要機密データなどが含まれている媒体はそのまま廃棄すると情報漏洩してしまう危険があります。
当社のデータ消去サービスをご利用いただければ、完全確実に消去する事が出来ます。

業界団体のデータ消去に関するガイドラインより
Windowsの操作でファイルをゴミ箱に捨てたりファイルを削除しても、ただファイル管理領域の情報が一部変更されるだけで、実データはそのまま残っています。 メモリをフォーマットしても、ファイル管理領域の情報が消去されるだけで実データ領域は、そのまま残っている事には変わりありません。 FDISK 等でパーティションを変更してもメモリのパーティション管理情報が変更されるだけで、実データはそのまま残っています。
論理消去と物理消去に対応
論理消去は現在のデータをランダム値上書き+00書込み方式で消去します。
既存のデータを別のデータで上書きすることで完全に復元不可の状態になります。
物理消去はデータの記録面(プラッタ)を完全に物理破壊する方法です。
同時に基盤まで破壊しますのでデータを読み出すことは不可能になります。
データ消去証明書発行
データを消去したことを証明する書類を発行しています。
守秘義務契約
法人のお客様でご希望される場合は作業前に守秘義務契約の締結も可能です。

営業拠点

東京(新橋)と宮城(仙台)で受付窓口がございます。また発送によるご依頼も全国対応。
クリーンブースなどの復旧設備はいずれの店舗もございます。両拠点にて対応可能です。

CONTACTお問い合わせ

持ち込みのお客様も郵送のお客様も
まずは気軽にお電話でお問い合わせください。

Tel.050-1745-9559